バージョン情報

JW-CAD for Mac
20161214
※インストール後のバージョンの確認方法:アイコンを右クリック(control+クリック)して「情報を見る」を選んだ後の「一般情報」にバージョンの記載があります。[変更履歴]
Jw_cad
7.11, 8.01b
WineHQ
1.9.21
Wineskin
2.6.2
Mascot
DJ犬ジョー by ook氏

ダウンロード

DropboxからGitHubにサーバーを変更したので、ダウンロード速度が速くなりました。

ダウンロードすると、Jw_cadの安定バージョン(Ver.7.11)と最新バージョン(Ver.8系)の2つが同梱されています。

なお、内包されているJw_cadは、バニラ状態つまり本体プログラムの改変なく、設定も そのままの状態(インストール直後の状態)なので、各種設定やカスタムはご自身で行っていただく必要があります。

ダウンロード(Zip形式, 555.3MB) »

インストール方法
インストール手順の動画

対応OS

  • macOS v10.12 Sierra New
  • OS X v10.11 El Capitan ※
  • OS X v10.10 Yosemite
  • OS X v10.9 Mavericks
  • OS X v10.8 Mountain Lion
  • Mac OS X v10.7 Lion
  • Mac OS X v10.6 Snow Leopard

※初回起動時にアプリケーション・フォルダもしくは、ユーザーのアプリケーション・フォルダにインストールされている必要があります。

JW-CAD for Macについて

"JW-CAD for Mac"は、一言で言うとMacOSX上で動く謹製"Jw_cad"です。

"Jw_cad"(JWW, Jw_win)とは、DOSの時代からある日本製のWindows用CADで、20年近くの実績を持つ老舗のフリーウェアです。

その"Jw_cad"を、Windowsユーザー以外にも幅広く知ってもらいたい・使ってもらいたいという願望から、UNIXとりわけMacのOSXでも使えるように"Wine"や"Wineskin Winery"といったオープンソースのソフトを使い、1つのアプリのようにしたものです。

厳密ではないのですが、擬似的なWindows7の環境を"JW-CAD for Mac"アプリ内で作り、その中でJw_cadが動いているイメージです。その為、susieプラグインといった外部DLLや、Jw_cad以外のアプリもその環境にインストールする事が可能です。

主な対象者

いささか知識が必要ですが、ぶっちゃけご自身でもこのソフトは作れます。しかし、Windows環境からMacへ移行して新しく覚えないといけない事が多いといった時間を惜しんでいる方にも、手軽にMacでJw_cadを利用してもらいたいと思い作成したアプリです。

  • Macで使える無料の2次元CAD(2D-CAD)を試したい人。
  • Jw_cadのためだけにBootcamp、VMWare, Parallels, Virtual Boxなどを利用するのに躊躇している人。
  • MikuInstallerが2008年以降サポートされていないので替わりのアプリを探している人。
  • AutoCADやVectorworksといった海外製CADでなく、日本製が使いたい!という人。
  • Macを買ったがJww(Jw_cad)に愛がある人。

本家(Win版)との主な違い

"JW-CAD for Mac"自体は、Jw_cadをMacOSX用に作り直したものではなくWindows版のアプリがそのまま動いているため基本的に同じです。

しかし、MacOSX上で動かしている以上、Windowsの時と若干の違いがあります。

  • "C:"ドライブに保存すると、"JW-CAD for Mac"アプリ内部の仮想Windows環境に保存されます。また、"Z:"ドライブに保存した場合は、MacOSXのインストールされたドライブに保存されます。
  • "JW-CAD for Mac"アプリ内では文字コードはSJISで扱われますが、MacOSX自体はUTF-8であるため文字コード(文字化け)の問題に注意ください。例えば、保存したファイルやファイル名をアプリ外部のMacOSX側から変更すると文字化ける可能性があります。
  • 同様にプリンタ名が日本語の場合、Jw_cadから印刷をするとプリンタ名が文字化けます。

ご利用時のポイント

インストール方法

インストール手順の動画を観る

  1. ダウンロードしたZIPファイルを解凍します。
  2. 解凍されたファイルのうち下記の、いずれか利用したい方を「アプリケーション」フォルダに移動します。※
    • "JW-CAD.7.11_for_Mac.app"
    • "JW-CAD.8.01b_for_Mac.app"
  3. 設置したアプリを、右クリック(control+クリック)して「開く」を選択し、警告画面でも「開く」を選ぶとアプリが起動します。

※Sierraの場合、初回起動時にアプリケーション・フォルダ以外の場所で起動するとロックされ起動できなくなります。また、複数人(別アカウント)で利用する場合、ユーザーフォルダ内の「アプリケーション」フォルダに各々インストールしてください。JW-CAD for Mac内のCドライブに保存されたデータはアプリ内部に保存されだけでなく、Sierraのセキュリティによりインストールしたアカウント以外で起動できなくなります。

Cドライブの場所

JW-CAD for Macのアプリ上から、Cドライブにデータを保存するとアプリ内部に保存されます。アプリ以外(MacOSX本体側)から保存先にアクセスする方法は下記の通りです。

  1. "JW-CAD for Mac"を右クリック(ctrl+クリック)して、「パッケージの内容を表示」
  2. "drive_c"フォルダがCドライブになります。

※このフォルダはエイリアス(ショートカット)で、同階層の"Contents" → "Resources" → "drive_c"フォルダが厳密なCドライブの保存先です。

フォントについて

"JW-CAD for Mac"でサポートしているフォントはTrueTypeフォントのうちでも下記のもののみです。

これら以外のフォントも選択はでき画面上でも表示されても印刷されない可能性があります。特にプリンタ・フォント、Macのシステム・フォントなどは殆ど印刷されません。

MS 明朝/MS P明朝
(msmincho.ttc)

MS ゴシック/MS Pゴシック
(msgothic.ttc)

メイリオ
(meiryo.ttc/meiryob.ttc)

対応プラグイン

インストール手順の動画を観る

"JW-CAD for Mac"で動作確認済みのプラグイン一覧です。

これら以外のプラグインで動作したものがあれば、掲示板にてご報告くださると助かります。適宜、追加していきます。

Susieプラグイン

Susie Plug-in package ( BMP以外の画像の埋め込み )
JPEG、JPG/GIF/TIFF、TIF/Pi/PIC/Pic2/XLD4/MAG/PICT形式の画像を埋め込めるようになります。透過GIFやPNGには対応していません。

PNG関連(Susieプラグイン関連)
ChangTaさんによるPNG画像用のSusieプラグイン。

対応プリンタ

動作確認済みプリンタの一覧です。動作したプリンタは掲示板にてご報告くださると助かります。適宜、追加していきます。

免責事項と著作権

  • このプログラムを使用した事によって発生した損害は、一切補償しません。
  • このプログラムに不備があっても、作者はそれを訂正する義務を負いません。
  • このプログラムを構成する各アプリケーションの著作及び著作権は次の通りです。

Jw_cad

著作権者:
清水 治郎氏, 田中 善文氏

公式サイト:
http://www.jwcad.net/

ライセンス:
http://www.jwcad.net/copyright.htm

WineHQ

著作権者:
Alexandre Julliard & WineAuthors

公式サイト:
http://www.winehq.org/

ライセンス:
GNU LGPL v2.1+

Wineskin

著作者:
Doh123 & the Wineskin Project

公式サイト:
http://wineskin.urgesoftware.com/

ライセンス:
GNU LGPL v2.1

JW-CAD for Mac

著作者:
KEINOS & JW-CAD for Mac Project

公式サイト:
https://keinos.github.io/Jw_cad-for-Mac

ライセンス:
GNU LGPL v2.1


掲示板/FAQ/サポート